丸山長寿園では、自立した日常生活を営むことができるよう支援するために、介護老人福祉施設サービスを提供しています。

サービス紹介

当施設が提供するサービスには
(1)介護保険の給付の対象となるサービス
(2)介護保険の給付の対象とならないサービス
があります。

以下のサービスについては、利用料金の9割が介護保険から給付されます。

食事栄養管理

栄養士の献立表により、栄養並びに利用者の身体の状況、生活習慣及び嗜好などを考慮した食事提供。

利用者の自立支援のため、離床して食事を摂っていただくことを原則としています。

朝食
7:30~8:30
昼食
12:00~13:30
夕食
17:20~18:00

入浴

浴室

浴室

入浴は最低週2回行います。ただし、入浴のできない場合は、清拭等にて対応いたします。

寝たきりの方は、特殊浴槽を使用して入浴することができます。

排泄

排泄の自立を目指して支援をし、利用者一人一人に合わせた排泄ケアを行います。

機能訓練

機能訓練室

機能訓練室

機能訓練指導員(看護師)により、利用者の心身等の状況に応じて、個別機能訓練計画を作成し、日常生活を送るのに必要な機能の回復、又はその減退を防止するための訓練を実施します。

また、理学療法士(委託)による機能訓練指導も行います。

健康管理

医師や看護職員が、健康管理を行います。体調の悪い場合は協力病院等に受診対応します。

嘱託医師
医療法人 裕香会 松本医院 松本 諄
協力医療機関
医療法人 裕香会 松本医院
医療法人 若水会 むろとぴあ医院
医療法人 臼井会 田野病院
高知県立あき総合病院
協力歯科医療機関
岩崎歯科医院

症状の重度化防止

症状の重度化に伴う「24時間見守り体制」や、「たんの吸引等医療的ケアの充実」など、利用者の重度化対応を実施していきます。

摂食動作の維持

食べることや飲み込むことに支障があり、継続して支援の提供が必要と認められる場合は、食事形態や摂食動作を確認して安全な食事介助を行っていきます。

在宅への復帰支援

退所に当り、食事・入浴・健康管理などの在宅での生活に関する相談援助を提供し、機能訓練や日常生活動作能力の維持及び向上など各種訓練等に関する相談助言を行います。又、家屋の改修に至る相談援助も含め支援していきます。

在宅と入所の交互利用

入所の際は、在宅での生活を継続できるように、また、できる限り在宅生活が可能となるよう配慮し、在宅と施設入所を交互にできる環境整備を行い、在宅復帰を念頭に置いてケアを行っていきます。

その他自立への支援

寝たきり防止のため、できる限り離床に配慮します。

清潔で快適な生活が送れるよう、適切な整容を行っていきます。

利用者が相互に社会的関係を築き、それぞれ役割を持って生活できるよう配慮します。

教養、趣味、娯楽などの活動をしていただく機会を作るよう配慮します。

もどるTOP ↑